タグ:パステル画song展 ( 24 ) タグの人気記事

ビートルズ  Yesterday


f0015226_2352723.jpg


         ♪    
             きのう
             すべての苦しみが 遠く見えた
             今は
             ここに とどまっているみたいだ
             きのうは ほんとうによかった

                                    ♪

     ポール・マッカートニーが 母親を亡くした時の気持ちらしい・・・
     失恋の歌だと初めは思っていたけれど・・・「彼女」はお母さんの事だったの?

          ♪
             どうして おかあさんは 行かなくてはならなかったのか
             わからない・・・黙っているだけだった
             悲しませることを言ってしまった
             今は
             きのうに戻れたらと 望むんだ
                                     ♪ 

☆画の整理をしていて・・・song展で出し忘れていたんですね(^^;)
    今更なんですが・・・song展に加えておきます          
by kate-maille | 2007-12-16 23:27 | song

Roy Orbison


         <The Big O (ビッグ・オー)と呼ばれていた>

【 Oh, Pretty Woman 】

f0015226_1153840.jpg


このsongは不思議な力を持って今も生きている
何度も返り咲く花の様に・・・1964年のsong

私の画も 言葉も どうでも良いから・・・1987年の素晴らしいJamを観て下さい
You Tubeにて  Pretty Woman_Roy Orbison と入力してSearchクリック!
豪華な面々の見事なプレーです
Jackson Browne , Bruce Springsteen, Elvis Costello, James Burton,
Tom Waitsの姿も見えます・・・



【 Only The Lonely 】

f0015226_1344781.jpg


切なく悲しい失恋song・・・だけど明日の新しいロマンスを夢見る・・・

誰の声でもなく この人の声の Only The Lonely じゃなくてはダメなんです・・・


☆この2曲をかけすぎてステレオが壊れた記憶が・・・
    壊したのは 私じゃありませんよ!
    この様なわけで耳が他の声を受け付けません
    これを打ち破ってくれるカヴァーに出会えるかしら?

    パステル画の小さな個展ー4  (song シリーズ)終了です
    有り難うございました☆
by kate-maille | 2007-07-05 01:51 | musician

f0015226_21141041.jpg


   サンフランシスコに行くんだったら 必ず髪に花をさしなさい
   サンフランシスコに行くんだったら きっと優しい人々に出逢います

☆ピッピーにとっての賛歌と言われている
  「夢のカリフォルニア」を作ったジョン・フィリップス(ママス・アンド・パパス)の作品
  ヒッピーは泥沼化するベトナム戦争への平和運動から生まれてきた・・・

  1967年の歌・・・40年前!
  聴けば覚えている・・・それだけでもスゴイ曲だと思う
  今も生まれ続けているsongの数々 40年後はどうだろう?
  (生きてない^^; 生きていたくない^^;)
by kate-maille | 2007-07-03 21:38 | song

f0015226_21273143.jpg


「愛」の中にいる時には気付かない
失ってしまった時 その「愛」の大きさに気付かされる
深い孤独を味わった者にしか 見えない事がある・・・
そう言う気持ちを見事に表現している曲です

       ♪
         きっと君をしっかりと抱きしめていなかったんだ
         それからの・・・孤独な、孤独な時間
         僕は、君には何も言わなかったんだ
         僕は・・・君が僕のものであるように幸せだよ

         どんなに小さな事であっても、言わなくては・・・
         しなくてはいけないね
         それには、時間などかかりゃしないんだね
         君は、いつも僕の心にいたんだよ
         君は、いつも僕の心にいたんだよ

         言ってくれよ
         僕に言ってくれよ
         君の甘い愛がまだ消えてないって
         もう一度、君を安心させるチャンスをくれるって
         僕は、これから君を安心させるよ
                                       ♪(ムード訳)

☆「映画シリーズー1」 「ブローク・バック・マウンティン」(2006年10月8日)でエンドロールに流れるウィリー・ネルソンの歌「He was a friend of mine」の歌詞を書きましたが 
素晴らしい歌唱でした
この歌は古い曲なのでしょう 他の人の歌でも聴いた記憶があります・・・
ウィリー・ネルソンは現在74歳 You Tubeで2007年2月のライブ映像を観ました
ボン・ジョビとこの曲を歌う姿も・・・ボン・ジョビの若い輝きも負けてしまいます
(ウィリー・ネルソンはこの曲で 1982年にグラミー賞最優秀song賞を受賞)





 


         
by kate-maille | 2007-07-01 22:34 | song

f0015226_2335644.jpg


このsongについては・・・説明はいらないでしょうね~でも少しだけ・・・
アイルランド人です
オシャレな歌 彼もジェントルな感じで・・・流行りましたよ☆
色々な事を言った後で Alone again naturally で締めくくる
"また一人になってしまった・・・当然の様に"




 
by kate-maille | 2007-06-27 23:49 | song

f0015226_21522847.jpg


聴くたびに 始めの雷の音にビクッとなる私って・・・
今回何度も聴いて描いていたわけですが その都度ビクッとしてしまう
「おかしいのかな・・」と心配になった(^^;)・・・脳が・・・生まれつきかも(^^)/

昨日も今日も雨がしとしと・・・
「好きな彼女が僕のハートを持って行っちゃったよ~」と歌ってる
訳が雑になるワタクシ・・・
メランコリー~~~




  
by kate-maille | 2007-06-25 22:22 | song

Cat Stevens 「Wild World」


f0015226_1185761.jpg



キャット・スティーブンスのsongは 心を強くノックします
一曲ずつ描きたくなってしまいます・・・
「Morning Has Broken」を聴くと思い出す方もいるかと思います
私はこの「ワイルド・ワールド」に打ちのめされていた時期があったのです

内容は・・・兄の様な 父の様な存在の男性が 巣立って行く少女の行く末を案じていると言う物

  " あぁ、愛しい者よ・・・とても恐ろしい世界なんだよ
       笑顔だけでは、渡って行けないんだよ
          あぁ、愛しい者よ・・・とても怖い世界なんだよ
             僕はいつも小供のままの君を思い出すよ、ガール " (こんな感じ)

このサビの部分・・・泣かされました
You Tube で動く映像を初めて観ました  落ち着かない気分になって・・・
これって 昔の恋人の写真が出てきた時の気持ちかしら?

☆他に「Oh Very Young」 「Peace Train」 ・・・
by kate-maille | 2007-06-23 19:24 | song

The Temptations 「My Girl」


f0015226_2226890.jpg


この曲は随分沢山の歌手によってカヴァーされています
もう40年程の時を経て歌い継がれています
それでも テンプテーションズの「マイ・ガール」は特別ですし 始めのメンバーの物が一番好きです  リード・ヴォーカルが David Ruffin ・・・

そのメンバーの 「マイ・ガール」の映像を観れる日が来ようとは♪
他の曲での David Ruffin のダンスの素晴らしさに見惚れてしまいます・・・
タメイキです


☆miuさんのサイトで 「2007年6月のCD」 今アップされています
  その中には60年代のsongがいっぱいです・・・映像付きもいっぱいです!
  この曲の映像はそこからです・・・嬉しいでした♪




  
by kate-maille | 2007-06-21 22:56 | song

f0015226_22202273.jpg


オーティス・レディングにとっての「ラスト・ソング」
26年の人生の最後の曲

それまでのオーティス節とも呼べる歌い方とは違う 新しい「何か」が始まる予感・・・
それが最後の曲になってしまうとは

人生も終わりに近づいた男が 港に一人座っている姿を描写した歌詞・・・

「ラスト・ソング」と言う言葉が好きで 私はアドレスに使っているけれど
それは このブログを始める時 「私のラスト・ソングの様なもの」と言う想いがあったから・・・

それぞれにラスト・ソングと呼べる物があると思う
仕事であったり 恋であったり 死ぬ前に思い出す事であったり・・・一つのsongだったり

オーティスのこの歌を聴きながら 私の「ラスト・ソング」は何になるだろうと想った
by kate-maille | 2007-06-18 22:55 | song

Sam Cooke


【 Wonderful World  から  A Change Is Gonna Come へ・・・】

f0015226_21381159.jpg


サム・クックは1964年に射殺されたそうです(33歳)

「ワンダフル・ワールド」は映画「刑事ジョン・ブック・目撃者」で流れていました
この曲に合わせて笑いながら踊る二人・・・美しいラブシーンとも言える場面でした
ポップス調で明るいラブソング・・・でもただそれだけじゃなかったと今回思ったのですが・・・
「歴史なんて知らないサ・・・」 この始めの歌詞に少しひっかかり
「チェンジ・ゴナ・カム」の出だしを聴くと
I was born by the river in this little old tent・・・
ゾクッと来るものがあります
人種差別を横に置いては聴けない気持ちになります

A Change Is Gonna Come どんな言葉を使って訳したら良いのか解らない・・・

キング牧師の有名な演説を思い起こさせます
         「 I have a dream 」
by kate-maille | 2007-06-15 22:17 | musician

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31