タグ:ハート ( 23 ) タグの人気記事

クレイジー・ハート

f0015226_22254293.jpg


[ 傷ついた者にしか 歌えない愛がある ]

予告編のこの言葉・・・この言葉がこの映画のすべてを物語って・・・

昔の栄光と挫折 広いアメリカをライブの仕事をしながら 酒浸りで過ごす日々
ある時はボーリング場の片隅だったり  ある時は 朝起きたらベッドに見知らぬおばさんが寝ていたり

自分の生き方 今までの人生 未来への希望
それらを考えるきっかけが 若いシングルマザーとの出会いだった
ありがちなストーリー ありがちな展開にも思えるけれど・・・だからこそ解りやすく 共感を呼ぶのかもしれない

ジェフ・ブリッジスが味わい深いカントリー・シンガーを演じています  数々の賞をとりました
主題歌賞の曲がまた良いんですよ♪ダヤン何とか・・ダヤンは猫だった!リアンかな?
サウンドトラックを買おうか迷っているところ You Tubeで良いかなとか^^;
by kate-maille | 2011-02-23 23:25 | 映画
f0015226_16174213.jpg


    「私を捨てる女などいない」
    そう豪語するピカソを 
    彼女は捨てた・・・
    そして今も生きている  
    素晴らしい画を描いている

    「私から離れたら 砂漠しかない」
    ピカソは言ったけど
    「砂漠なんて何処にもなかったわ」
    88歳の彼女は笑って言う

    ピカソの「花の女」

    6人か7人のピカソの女達
    今も生きているのは彼女だけ

   
    


  ☆本当に写真が下手で(^^;)
   大きいし(もっと倍ほど背が高い)
   スキャナーも無理だしこんなですみません
   先日テレビでフランソワーズ・ジローを見て 
   昔読んだ「ピカソとの生活」を思い出しました
   日本で展覧会があるようですよ

         ***

    追記:画像を変更しました
    全体を写したつもりでしたが・・・
    やっぱり写真下手だわ(^_^;)(7/15)
    
    
by kate-maille | 2010-06-05 20:03 | artist
f0015226_23511735.jpg


君には言えるさ  君が僕の girl じゃなかったって
僕がいなくなったら 君は僕の服を燃やしてしまうさ

君は 僕がバカな奴だったと友達に言うんだろうな・・・
電話して言うんだろうな 僕の事を笑って冗談みたいに・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

But don't tell my heart, my achy breaky heart, ・・・・・・・・・・・・・


☆内容は結構深刻・・・ハート・ブレイク・ホテルに行ったほうが(^^;)・・・8年位前に聴いて好きになったsong
他にWhen I'm Gone とか・・・これは「えっ?プレスリー?」とゾクッとした(^_^;)
プレスリー・トラウマを友達に打ち明けたら「それは書かない方が良い」と言われた(笑)
by kate-maille | 2009-12-05 00:10 | song


f0015226_12353188.jpg
       


         ジャコメッテイの彫刻・・・

         どの作品も未完成

         途中で画商が取り上げないと・・・

         作品は細く小さくなり

         やがてはなくなってしまう

         
         ☆画集を見ていると 言葉を失い心を持って行かれる
             敬意と感謝を・・・

         

         

         
 
         

         








f0015226_12291478.jpg

by kate-maille | 2009-05-24 12:44 | artist

f0015226_21501234.jpg


この歌はアンサー・ソング(日本の和歌で言えば返歌みたいな・・・)
海から陸の生活になった男の人の 女の人への恨み歌「Wild Side Of Life」
その歌へのアンサー・ソング 「こんな女に誰がしたのよ、手当たり次第に手を出して・・・」とかなり厳しい内容(^^;)
直接的な手厳しい歌詞ですよ~~
和歌の様に奥ゆかしく匂わす様な言い方ではない所が 面白い(^o^)
by kate-maille | 2008-12-11 22:10 | song

f0015226_22524772.jpg


遠い昔のsongですけど・・・聴いていると「青い鳥」が浮かんでくる

このグループは 姉や弟や妹で歌っています
他に「谷間に三つの鐘が鳴る」や「ルッキング・バック・トゥ・シー」も好きです
男性と女性の声が美しく混ざり合っていて見事です

「青い鳥」は探しに行っても見つからない・・・
「青い鳥」は待っていると必ず来る・・・?

追記・忘れてはならないのがありました!「I Take The Chance」
by kate-maille | 2008-09-13 23:13 | song

f0015226_1762441.jpg


このアルバムはどの曲も好きですが・・・特にアルバムのタイトルの曲にはどれ程のものを貰っただろう
「希望」や「夢」 「愛」・・・そして「力」や「勇気」
アカペラの美しさからは 歌い手の情熱があふれている
素晴らしい愛の歌詞を紹介しましょう・・・

       
            ホースの中 水が暴れる 青い 夏の庭の蛇

            下弦の月 目の高さで光る オリオン座

            鶏頭の赤
            向日葵の黄色
            海に洗われた 小石

            この世界の美しさを
            ずっと あなたと 見られますように
by kate-maille | 2008-03-26 17:28 | song

f0015226_2285129.jpg


       ♪
          なぜ太陽は輝き続けているの
         なぜ波は岸辺に打ち寄せるの
         知らないのね これが世界の終わりだと
         あなたがもう私を愛していないから・・・世界の終わりなのだと

         なぜ鳥達は歌い続けているの
         なぜ星は空で輝いているの
         知らないのね これが世界の終わりだと
         あなたの愛を失ってしまった時・・・世界は終わってしまったと

         朝目が覚め 私は思うの
         なぜすべては以前と同じなの
         私には分らない・・・分らない
         どうやっていつものように生活が続いて行くのだろう

         なぜ私の心はまだドキドキしているの
         なぜ私のこの目は泣いているの
         知らないのね これが世界の終わりだって
         あなたが「さようなら」と言った時・・・これで世界は終わってしまったの
                                                     ♪ 

 
by kate-maille | 2008-01-04 22:31 | song

街の灯

f0015226_22115655.jpg


人は人と理解し合える 大切にし合えると・・・
全てをポジティブに思っていられた子供の頃  
そう言う思いは何処から来ていたのだろう  その原体験は何だろう

随分歳を重ねてしまった今だから 分るのかも知れません  
子供の頃 たくさんチャップリンの映画を観たからかもと・・・
貧しさや哀しみの中でさえ消えないユーモア  
素寒貧でも人を支えたり 助けたいと望む心  
家もお金もない主人公の中にある 「暖かいもの」と「キャパシティーの広さ」
チャップリンの映画はどれも・・・ 
今では私の「心のオアシス」の様な存在となりました

今日は「街の灯」を描いてみました
盲目の花売り娘を救って 刑務所から出てきた主人公
今は目も治り花屋をやっている娘が 一輪の薔薇を 「どうぞ」と主人公に・・・
手に触れて娘にはすぐ分るのです 「あなたでしたのね」
受け取った薔薇を口に持ってゆき はにかんだ様に笑う仕草とその目の輝き
その先に何か明るい光を感じるのです
そして 子供の時の思いを取り戻せる気持ちになるのです 



 
by kate-maille | 2007-01-13 22:59 | 映画

ラバーズ・コンチェルト

f0015226_2019930.jpg


いつだったか・・・ぼんやりとテレビを見ていたら ドラマの中で聴いたことのあるメロディーが・・・サラ・ヴォーンの「ラバーズ・コンチェルト」でした
原曲はJ・S・バッハのメヌエット ト長調
可愛い女の子がピアノを弾いたら とても似合いそうな優しい調べです
やはり「愛」を感じる曲
サラ・ヴォーンの歌の詩を知りたいと思ったのですが・・・
すぐ月日がたってしまいます
by kate-maille | 2006-11-23 20:33 | song

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31