<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


f0015226_22285951.jpg


今日はYou Tube にはまってしまいました(^^;)
この人の 「Don't Think Twice」 が好きなんですが ひょっとして「朝日のあたる家」があるかな~?と探したら・・・
あるもんですね~~何でもかんでも(笑)
Amanda もあって・・・観て聞いて気づいたんですが 昔と今が交錯している詩なんですね~

☆以前から欲しかった「Highwaymenライブ」のDVD・・・注文してしまいました
  送料込みで1260円!カリフォルニアから届くんですって・・・
  届いたらお知らせしますね 4人のカウボーイの事(^^)
by kate-maille | 2008-11-29 23:05 | song

Waylon Jennings [ Amanda ]


f0015226_15193687.jpg


この人の歌で一曲というのは とても苦しい・・・なぜなら 好きな歌が多すぎる(^^;)
ラブバラードで絞ると この曲・・・甘酸っぱい想いがこみ上げてくる
この人の人生にだぶらせている様な気持ちになる
こんなストーリー・・・(私流ですけどね)

    僕には志があったんだ・・・神だけが知っているけどね
    だけど僕は田舎の少年 目覚めたばかりのね
    鏡の中の僕にはあきれるよ
    肩までのびた髪と 年相応の目

    アマンダ 僕の人生の光
    運命は 君を紳士の妻にしなければならなかったんだね

    理解できないほどの人々
    こんな南部の田舎のバンドに酔いしれているよ
    僕が初めてギターを手にしたのは14歳
    それが今じゃ・・・ついに40着のジーンズを作ったよ

    アマンダ 僕の人生の光
    運命は 君を紳士の妻にしなければならなかったんだね
by kate-maille | 2008-11-27 16:14 | song

f0015226_19411032.jpg


このシンガーについての詳しい事は知らないのですけれど この歌はとても印象的で・・・
「カントリー・クラシックス」と呼ばれる曲がたくさん入っているCDの中の一曲です

濁った水で手を洗ってはいけないよ
そう言われていたのに・・・

☆他に[ Don't Be Angry ] [ Should I Go Home ] [ Smoke Alone The Track] etc・・・
by kate-maille | 2008-11-24 20:14 | song

f0015226_23222468.jpg


まるで青春の吐息が聞こえる様・・・
こんな内容 ♪

        暗い夜が 昇る朝日に道をゆずる時
        私の心に ただ愛だけが届けられる
        輝く日の光は 朝の空に漂い
        あなたが優しく触れて 私は気づく
        愛は穏やかなものだと

        愛は穏やかなもの あなたを守り暖める
        産まれたばかりの赤ん坊を抱き寄せる母の腕

        愛は穏やかなもの まるで冬に初めて降る雪の様
        そして愛は 嵐の時には避難所になる
                              
                             (ダンボ耳訳なので・・・お許しを・・・) 
        

         
by kate-maille | 2008-11-20 23:57 | song

f0015226_1973273.jpg



この歌はラブソングですけれど・・・
この人の時代に 黒人のカントリーシンガーというのはかなりきつかったのでは・・・
そう思うと この人の歌から感じるものは変わってきます
オバマ氏に関連する記事などから 感じた事です

好きな歌手で 他にCotton Fields ・・・Kaw Liga・・・素晴らしいです
by kate-maille | 2008-11-19 22:55 | song

Merle Haggard [ Silver Wings ]


f0015226_23585930.jpg


太陽の光の中で輝く銀の翼
   ・・・・・・
君を連れ去ってゆく・・・
僕を一人にしないで

        よく聴いた曲です そしていつ聴いても色あせない・・・



☆昨日今日とウォークマンで一騒動あって(^^;)疲れてしまって・・・おやすみなさい
by kate-maille | 2008-11-17 00:29 | song

f0015226_2342736.jpg


先に紹介した「福原照晃 古き佳きカントリーを唄う」(アルバム)の中の一曲です
   What a surprise!
「歌が望む人に出会えた・・・歌うべき人が歌った・・・」 そんな思いがしました

Freddy Fender (ヒスパニック系カントリーシンガーだった人)のデビュー曲「涙のしずく」
スペイン語混じりの泣き節で好きでしたけれど・・・Freddyごめんね。。。
まったく違うテイストで・・・

歌はとても不思議・・・もちろん好みの問題ですけれど・・・
時に 国境も肌の色も 新しいとか古いとか 誰の歌とか 何もかもを一瞬にして飛び越してしまう・・・ 
そして自分にピタッとはまる時があるんです まさにそれを感じました

歌詞の訳はFreddyのアルバムから少し拝借(^^;)

      お前が今 幸せなら
     二人の幸せを祈ろう
     お前さえ幸せなら
     それでいい

     でも お前が傷ついて
     涙を流した時は
     すぐに行くから 涙がほほを伝う間に

                          (森屋利夫・訳)
by kate-maille | 2008-11-14 00:39 | song

f0015226_22365531.jpg


好きなんです~30歳で亡くなっているんです・・・ 
アルバムの写真からは「大人」の雰囲気が漂っています  

     真夜中過ぎに 歩いて出て行くの
     外よ・・月の光の中・・私たちってそうなのよ

     私はいつも 真夜中過ぎに歩いて出て行くの
     あなたを探し求めて・・・            (カッコイイ歌い方)

     

CrazyやFaded Love とかHeartachesとか・・・
by kate-maille | 2008-11-11 23:10 | song

f0015226_9474723.jpg



ゆっくりとした足音が聞こえるよ  寂しげな廊下をやさしく歩いて渡ってくる
柔らかな声で話しているよ・・・
愛しい人よ これはきっと永遠のお別れになるのだろうね

私の人生の意味
たった一つの私の夢
私のための場所
私の すべてがそこにある・・・

思い出のページをめくる様に・・・私には見えるよ 幸せだった私たちの年月が
今も 愛が私の心の中で脈打っているけど・・・
扉が閉じてしまったら 粉々に砕け散ってしまうのだろうね

そこには・・・私だけの場所があるよ
私の すべてがそこにある・・・

          (またしてもイメージ訳=センチメンタル調)
by kate-maille | 2008-11-09 18:44 | song

Roy Acuff [ Wabash Cannonball ]


f0015226_1927651.jpg


King of country music・・・そんな紹介文があります  King と呼ばれているとは知りませんでした
この画は Wabash Cannonball を聴きながら描きました  hobo song・・・
浮浪者や流れ者によって歌われていたソングの一つ
南北戦争の後に流行った歌の替え歌(民謡)が原曲とのこと  内容はちょっと笑えます(^o^)

対照的な 「風のワルツ」や 南部の賛美歌からの「Great Speckled Bird」も好きです
by kate-maille | 2008-11-08 19:52 | song

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30