<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

f0015226_012742.jpg

            風が吹く
            
            嘆きのうちに
            歓びのうちに

            風は吹き 流れてゆく
        
            落ちてゆく時
            魂の深淵を覗く時
            解放される時
            
            出会いの時
            別れの時
            争いの時
            許される時

            風は何処へゆくのか

            海から
            山から
            草原から
            まとわりつき

            魂をさらってゆく 



       
by kate-maille | 2006-11-30 00:14 | モノローグ
f0015226_0264590.jpg


この曲を聴くと 映画「アマデウス」の始まりのシーンがどうしても浮んでしまいます 
 
「私がモーツァルトを殺したんだ」と 絞り出すような叫び
そのサリエリが 自殺未遂で病院に運ばれる時に流れました
映像に素晴らしく合っていて・・・圧倒されてしまいました
  
その後のサリエリの痛ましい姿
「天才にはかなわないヤ」と脱帽してしまう事が出来なかったサリエリ
シューベルトを指導した程の才能があった人です
天才モーツァルトが音楽とは別にして 性格がちゃらんぽらん・・・ 
そのためか サリエリの傷は深く精神が壊れて行く

そう言う事って有るなーと思います
死ぬほどの努力をしても ピラミッドの中程までしか登れず立ち往生
それなのに 笑い遊びながら簡単にテッペンに立ってふざけてる 

天才を前にしたら・・・ただ脱帽 賞賛あるのみ・・・
by kate-maille | 2006-11-28 00:52 | 音楽・クラシック
f0015226_2173638.jpg


       すべてを喜びに変える事が出来たらどれ程良いだろう
       不足や間違いを数えるばかりではなくて
       今有るものを喜びに想えたら
       たとえば
       耳が聞こえる事
       目が見える事
       手足が動く事
       優しい言葉を話せる事
       笑い合う友がいる事
       そして何よりも 愛する心を持っている事

「おお友よ、このような音ではない!
 もっと快いもっと歓びに満ちたものを歌い出そうではないか!」
                               ベートーヴェン
                               訳:渡辺護
       「カラヤン 普門館ライブ 1979」を聴きながら・・・
by kate-maille | 2006-11-25 21:30 | 音楽・クラシック
f0015226_22103927.jpg


主題のメロディーに 次々と折り重なり 被さるように・・・きめ細かく・・・
いつの間にか 心が何もない空間に吸い込まれて行く
フーガ形式の四分ほどのパイプオルガン
そこには果てしなく広い宇宙空間が・・・
今夜はこの曲を聴きながら眠ります  おやすみなさい
どんな夢を見るのかしら?
by kate-maille | 2006-11-24 22:28 | 音楽・クラシック

ラバーズ・コンチェルト

f0015226_2019930.jpg


いつだったか・・・ぼんやりとテレビを見ていたら ドラマの中で聴いたことのあるメロディーが・・・サラ・ヴォーンの「ラバーズ・コンチェルト」でした
原曲はJ・S・バッハのメヌエット ト長調
可愛い女の子がピアノを弾いたら とても似合いそうな優しい調べです
やはり「愛」を感じる曲
サラ・ヴォーンの歌の詩を知りたいと思ったのですが・・・
すぐ月日がたってしまいます
by kate-maille | 2006-11-23 20:33 | song
f0015226_1941169.jpg


       闇の予告
       天上と地の底
       生と死 善と悪が交差する地上の有様
       泣いて笑って 騒がしく滑稽で・・・
       あさましく それでも美しい人間像
       明と暗を繰り返す旋律の先に・・・

かつて 梶井基次郎の一文を引いて 「人は惨めであるほど美しい」と言った人がいた  
その人は今でも惨めであることが美しいと想っているのかしら・・・
それとも若い時代の酔いでしたか?元文学青年さん(^^)/
by kate-maille | 2006-11-22 19:54 | 音楽・クラシック
f0015226_2214964.jpg


私がモーツァルトと知らずに聴いていた 出会いの曲です
タンス程の大きな箱があり・・・背が届かず見えませんでしたが・・・ 
父が何かすると音楽が流れてきました  とても良い気分でした  
後になってモーツァルトだと分りましたが・・・  
いつの間にか大きな穴に網が張ってある箱は姿を消してしまいました

この曲はセレナード(小夜曲)だから こんな雨の寒い夜に聴くなんて・・・
暖かい春の宵が相応しい
春を待つにはまだ早いけれど・・・
冬になると いつも春のような暖かくて柔らかい空気を求めてしまう
by kate-maille | 2006-11-19 22:52 | 音楽・クラシック
f0015226_2036128.jpg


-わが恋の終らざる如く、この曲もまた終わりなかるべし-
                           映画「未完成交響曲」より

「音楽シリーズ」として描いていても 
私の音楽についての知識はとても乏しいものです  
ただ 音楽から受ける何か・・・
強く心を動かされたり 安らぎや慰めを貰ったり 哀しみを共有したり・・・  
それを画にする事に喜びを感じるのです  
そして何よりも自分が楽しんで描いている事  
たとえ中途半端な出来であっても・・・これが今の等身大の自分  
明日はもう描けないかも知れないのです・・・

「未完成」は映画の印象が強いです  偶然深夜のテレビで・・・
31歳で亡くなったシューベルトの悲恋の物語でした
それからはこの曲を聴くと「シューベルトの深い悲しみと痛み」を感じます
ラストに流れる「アヴェ・マリア」・・・
道端の小さなマリア像に跪いて祈るシューベルトを カメラの後ろに感じました
by kate-maille | 2006-11-18 21:22 | 音楽・クラシック
f0015226_2171535.jpg


     やがては大河となるであろう 小さな泉が
     心の中に湧いてくる

     伝えよう この想いを

     恐れることはない 愛する人よ
     見つめ合い 夢を語り合い
     弾む気持ちで 軽やかに歩こう

     命を駆け巡る 暖かいもの
     いつまでも消えることのない炎・・運命の火

     嘆きも 不安も 焦燥も
     恐れることはない 愛する人よ
     この熱き想いが 消してくれるから

     恐れることはない


「演奏は聴く人の心を動かせば、それで目的は果たせたのだ。」
                                 ヴィルヘルム・ケンプ 
ヴィルヘルム・ケンプ 70歳の演奏です
by kate-maille | 2006-11-16 21:32 | モノローグ
f0015226_21274735.jpg


     破れし 僅かばかりの夢
     失われし 喜び
     流るる涙 振り払う術もなく
     重き哀しみに 絶望の淵を歩みゆく
     
     もはや 何も望まず 何も求めまいと誓いし時
     我 孤独と悲哀を食物とし
     精神の深き底へと落ちゆきて 獣の如く彷徨わん
     
     取り残されし 精神の静寂
     
     漆黒の天を仰ぎ見る我が目には
     慈愛の光の一筋さえも届く事はなく
     時は過ぎゆく




          
by kate-maille | 2006-11-15 22:13 | モノローグ

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille