<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2001年宇宙の旅

f0015226_2159517.jpg


網膜にこびり付く残像の数々・・・
どのシーンも どのシーンも 画になる
画にすると真似っこになるから 止めようと思うほど・・・
「映画シリーズ」だからあえて描きます 
視覚的にだけじゃなくて 音楽の使い方も凄いんです
オープニングはリヒャルト・シュトラウスの・・・?・・・有名な曲 
月に向うシーンにヨハン・シュトラウス2世の「美しく青きドナウ」なんです

私の中では 多分色褪せる事はないでしょう これから先も・・・

(追記・・・miuさんがコメントで教えて下さいました。
リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトストラはかく語りき」です。
有り難うございます。)
by kate-maille | 2006-09-30 22:20 | 映画

アメリ

f0015226_22471440.jpg


何だか急に 甘い物が食べたい時ってありません?

この映画を観終わった後の私ときたら・・・
「カナリアを飲み込んだ後の猫の顔」になっていました
何となく得した様な  シメシメと言う様な
飲み込む所を見られたかしら?なんてキョロキョロしたりして・・・

自分を抱きしめる様にして 浮き足立って帰りました

(大切なお知らせ・・・私これから「野良猫」って言わない事にしました。友達が教えてくれたんですけど、フランスでは「自由猫」と言うそうです。そのほうが良いなと思ったので、そう呼ぶ事にしました。)
by kate-maille | 2006-09-29 22:57 | 映画

アマデウス

f0015226_23372665.jpg


ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト・・・
死ぬときには モーツァルトの「レクイエム」 それがいい・・・
フォーレも好きだけど 余りにも天上的で 厳か過ぎてしまって自分にはそぐわない気がするから・・・  
のたうち回り 血を絞り出しながら出来上がって行く「レクイエム」が・・・ 
慰めをくれるだろう 
by kate-maille | 2006-09-28 23:50 | 音楽・クラシック

ジャック・ニコルソン

f0015226_2019234.jpg


「イージー・ライダー」で だだ者じゃないと思った・・・
「シャイニング」では 本当に気が狂ってるとしか思えないほどの演技
「カッコーの巣の上で」の恐るべき演技・・・
メリル・ストリープと共演した「黄昏に燃えて」のホームレス・・・
まだまだ沢山・・・印象に残る作品群・・・
「イージー・ライダー」の役は たまたま他に役者がいなかったから起用との事だけれど・・・
助演男優賞にノミネートされた 



   
by kate-maille | 2006-09-26 20:44 | 映画監督・俳優
f0015226_22344631.jpg


ヒットラー政権下のミュンヘン 
ドイツ国民に 今の政権は間違っているとチラシを配る 「白バラ」 と言うグループがあった  
兄と妹のゾフィーは 大学にチラシを置いていて捕まってしまう
人民法廷での21歳のゾフィーの言葉は 重く尊い
「優れている国家 ヒットラー総統を侮辱する物だ」 と言う裁判官に彼女は・・・
「優れているのなら平和を望むはずです  人から尊敬される気高さを求め 神を欲し 良心と愛を欲するはずです」  この言葉はいつの時代でも 国家のリーダーとなる者が心に刻み理想とすべき物です

「人を支配し権力を好むイバリタガリ屋」 職場に 学校に 街に 家庭に・・・
小さな独裁者が沢山垣間見えます  人は 恐れて従うか 旨味を得るためお世辞を言うか 耳を目を塞ぐか・・・
静かに立ち去るか 立ち向かうか・・・
どちらにしても 独裁者は 愛される人にはなれないでしょう  
自分がどの位置に立つのか この映画はこの事も問いかけています

処刑寸前のゾフィーの言葉・・・  
良心に従う強い精神と希望を失わない優しい心・・・  
「太陽は輝き続けるわ」
by kate-maille | 2006-09-24 23:36 | 映画

気狂いピエロ

f0015226_23231372.jpg

   「人生が 物語でないことが 私は悲しいわ」 と マリアンヌ
   ピエロと呼ばれるフェルディナンとの 愛の逃避行
   二人の会話は 哲学的・・・

   ゴダールのこの映画は 私にとってはアートです
   ラストシーンのフェルディナンの顔の色と
   ダイナマイトの色との調和・・・彼の姿
   オブジェです




   
   
by kate-maille | 2006-09-23 23:36 | 映画

白いカラス

f0015226_219779.jpg


みにくい争いに狂乱する俗世間を遠くはなれ・・・(トマス・グレイ)

「怯えて生きて来た」
理由は異なっていても 主人公の男女には同じ傷があった
生きて行くための力となる 安らぎ・・・どちらにも なかった・・・

男は黒人の家系に白人として生まれた  白人には多くの道が開かれていた
自分の過去を偽り 白人として 白人女性と結婚し 成功して行ったが・・・

女は凶暴で嫉妬深い夫からの逃亡生活に 絶えず怯えていた
そして すさんでいた・・・

二人の中に流れる物・・・
by kate-maille | 2006-09-22 21:48 | 映画
f0015226_12283625.jpg


死が二人を別つまで・・・
いや 死さえも 二人を別つ事は出来なかったと想わせる映画
砂漠の洞窟に描かれた 「泳ぐ人」 の壁画が印象深い

二人の愛は 終わったかに思えた
偶然か必然か? 二人は再会する
その時 彼女は瀕死の重傷を負っていた
二人の思い出の小さな品は 紐を通し彼女の首にあった
それを見て泣く彼・・・
「おバカさんね、ずっと愛していたわ」
そう微笑む彼女のはかなさに 涙がにじむ・・・

その後は・・・映画でどうぞ
by kate-maille | 2006-09-21 12:44 | 映画

マスク

f0015226_23284552.jpg


ゴムの手足を持つジム・キャリーが本領発揮!!
グニャグニャ演技を披露・・・
偶然拾った緑の仮面  小心者の主人公がそれを付けると緑怪人に・・・
by kate-maille | 2006-09-18 23:36 | 映画

パピヨン

f0015226_23185866.jpg


目に浮ぶのはラストシーン・・・
絶海の孤島の刑務所  老いぼれた二人の囚人が掘っ立て小屋に住んでいる  
D・ホフマン演じるドガはボロボロでよれよれで トボトボと野菜など作っている  丸いメガネがずれちゃって・・・
S・マックィーン演じるパピヨンは脱獄しか考えない それはもう執念となり・・・

やがてパピヨンは飛んだ 
海に向かって 自由に向かって

カメラは空から二人を・・・必死で波に乗るパピヨン  ドガは見届けると自分達の小屋へ・・・
そのドガの姿がやるせないし哀しい 
もう良いんだと諦める男と 諦めない男の対比・・・
by kate-maille | 2006-09-17 23:49 | 映画

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille