夢の中の街

f0015226_22144735.jpg

夢の中でよく見る街は ヨーロッパ中世の街が多い  映画などで観たりすると「懐かしさ」のようなものを感じる  時々夢の中の自分が本当の自分で 今の自分は本当の自分が見ている夢なのかなどと思ってしまう・・・
そう言う想像をした人がいたと知って驚いた事があったのです
ロジェ・カイヨワの「夢について」と言う本・・・
その中にある荘子の「寓話」です
「いつであったか、ある夜、わたしは胡蝶となった。おのれの運命に自足して、ひらひらと舞う胡蝶であった。  
ところがふと目覚めてみれば、まぎれもなく荘周である。 
すると、このわたしは、胡蝶になった夢を覚えている哲学者荘周なのか、
それとも、胡蝶であって、哲学者荘周になった夢をいまみているのだろうか?」

☆実は カイヨワのこの本は 読了はしたものの 「結局何が言いたいの?」と
  イライラしたんですけど・・・頭悪いからかも知れないんですけど(-_-)
by kate-maille | 2007-04-02 23:01 | 詩・格言・小説

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30