哀愁

f0015226_18562935.jpg


初老の大佐が ロンドンのウォータールー橋で 昔愛した女性を思い出す
懐から取り出した小さな物・・・マイラとの会話

      ”どうぞこれを”
      ”君のお守りか?”
      ”幸運を呼ぶの そうなる事を心から祈ってる”
      ”心遣いに感謝する”
      ”私を覚えてくれた?”
      ”ああ・・覚えたさ 死ぬまで”

そこから二人の回想シーンに・・・悲しい結末
大佐はマイラの次の言葉を心にきざみ お守りは大切そうに懐にしまわれる
      ”私が愛した人は あなただけ これからもずっと・・・
       それは真実 これからもずっと・・・”

この画は ラスト近くにマイラが知り合いの娼婦を見送るシーンです
自分の戻る所はもう何処にもない
愛する人を傷付ける事は出来ない
その純粋さ故に死んで行くマイラが好きです
by kate-maille | 2007-02-11 20:06 | 映画

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30