ジョン・クラカワー 「荒野へ」


f0015226_2135492.jpg


哀しみや怒り あるいは寂しさを 人は何処へ持ってゆくのだろう・・・

喜びは しみじみと味わったり 笑顔や暖かさに包まれてそこにとどまる

哀しみや怒りや寂しさを人は持て余す  たどり着く場所も様々・・・
腹いせに他者を傷つけたり 慰めを求めて「外に向かう」場合と 限りなく「内に向かう」場合と・・・

荒野へ(アラスカ)と向かったクリス・マッカンドレスの物語は このどちらとも違う様に思った
クラカワーの言葉の中に「巡礼者」とあったが・・・ 
私は 『彼は「修行僧」のようだわ』と思った

☆色んな見方ができる素晴らしいノンフィクションで 再読 再々読したくなる本です 
by kate-maille | 2009-10-17 22:16 | 詩・格言・小説

自分の画を紹介しています・・・   気楽な個展です ・・・


by kate-maille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30